アジュバント(adjuvant)作用

免疫反応を行う免疫細胞の増殖を助けたり、免疫細胞を賦活化したりして、免疫細胞ががん細胞などを強力に殺せるようにする働きのことをいう。「アジュバント adjuvant」という言葉は、ラテン語で助けるという意味の単語adjuvareから来ている。TLR(Toll受容体)やNKT細胞を活性化すると、そのアジュバント作用によりがんを攻撃する他の免疫細胞を活性化することから、Toll受容体をアジュバント誘導分子、NKT細胞は生体内のアジュバント細胞ということができる。