アナフィラキシー・ショック(anaphylaxis)

IgEもしくはIgG抗体による免疫反応(抗原抗体反応)の結果起こる激しいショック症状。急激な血圧の低下、体温低下を伴ういわゆるショック症状で、死に至るケースも多い。このショック症状は免疫とは反対の減少と考えられていたため、防護状態を意味するPhylaxisと反対を意味するanaを合わせてアナフィラキシー(ana-phylaxis)と名前がつけられた。