抗体

体内に侵入してきた抗原の刺激により作られる。抗原と結合して免疫反応を起こす。抗原が侵入すると、樹状細胞が抗原情報をヘルパーT細胞へ知らせ、ヘルパーT細胞からのしれによりB細胞で抗体が作られる。B細胞の抗体は細胞表面にあるが、成熟すると細胞表面から離れて、抗体として働く。B細胞が作る抗体は、lgM、lgg、lgD、lgA、lgEの5種類ある。