好中球

骨髄の肝細胞からできる血液細胞の一つ。自然免疫系の細胞。傷を負ったり、感染したりすると一番最初に現れ、細菌などを食べたり殺したりし、急性の炎症を起こす。好血球の死骸が炎症部の膿の主な成分である。