自然免疫系

体内に常時備わっている免疫系。感染を繰り返しても記憶することはなく、抵抗性は変わらない。NK細胞、樹状細胞、マクロファージ、好中球、好酸球、好塩基球などによる。細菌、カビ、寄生虫やウイルスが体内へ侵入してくると、まず細菌、カビ、寄生虫などはマクロファージや好中球が食べて、殺菌・分解する。それでもウイルスは最近よりもはるかに小さく、マクロファージなどは捕えられないので、NK細胞がウイルス感染した細胞を殺すことで対処する。自然免疫系で対処できなかった抗原は、獲得免疫系が処理する。