ペプチド

アミノ酸が2個から数十個つながったもの。免疫系では抗原情報を伝える場合、ペプチドレベルに切断されたものがHLA分子に結合して、リンパ球に提示される。ホルモン作用や神経伝達作用、抗菌作用、鎮痛作用、神経栄養因子、成長因子、サイトカインとしての機能など様々な賞を持ち、体内で重要な役割を担っている。