IgD

B細胞が作る抗体のことで、血中に少量含まれている。機能も明確ではない。B細胞が分化する段階では細胞表面の受容体としてB細胞にシグナルを送る役割を果たしている。