NK細胞

1975年に発見された自然免疫系の細胞である。獲得免疫系のT細胞やB細胞は、膨大な多様性を持つ抗原特異的な受容体を持つサンプルセットが用意されていて、病原体と戦う時にはそれらに対応するものだけを増やして軍団を作って対応する。NK細胞は軍団として体内に常設されており、自己である正常細胞と区別して非自己細胞をたちまちに殺す働きをする。NK細胞表面に自己と非自己を見分ける受容体システムがあり、その受容体でウイルス感染細胞やがn細胞を正常細胞と見分け、ウイルス感染細胞やガン細胞だけを異物とみなして殺す。正常細胞と出会うと、正常細胞のHLA分子からNK細胞の働きを抑制するシグナルが出るため殺せない。