NKT細胞

1986年筆者の研究グループが発見した免疫細胞で、自然免疫系と獲得免疫系の細胞群の増殖・活性化・制御をにない、免疫系を調節する。自然免疫系と獲得免疫系の細胞群が外来の異物を認識しているのに対して、NKT細胞は生体内自己糖脂質抗原を認識し、常に活性化準備状態にあり、免疫内部を監視する。病原体情報を受け取った樹状細胞から産生されるサイトカインによって、フルに活性化されTh1およびTh2サインとカインを出し、免疫防御と免疫制御両方の免疫作用をになう。NKT細胞が放出するTh1サイトカインであるインターフェロン・ガンマはアジュバント作用を出し、自然免疫系のNK細胞及び獲得免疫系のキラーT細胞、Th1細胞に作用して細胞数を増加させ、そしてその機能を活発化させ、感染症やガンに対する防御反応を強くする働きを持っている。一方、辺縁B細胞等のIL-10を産生する免疫抑制系の細胞からのシグナルによって、NKT細胞は抑制T細胞を誘導し、臓器移植の生着を促し、自己免疫疾患の発症を抑制する。