Toll受容体(Toll-like Receptor:TLR)

細胞表面にある自然免疫系受容体で10種類くらい存在し、種々の病原体成分をパターン化して認識し、免疫系を活性化させる。病原体の種類とは無関係に、病原体たんぱく質、糖脂質、RNA、DNA、など病原体成分ごとに認識する受容体で、パターン識別受容体と呼ばれ、獲得免疫系リンパ球受容体が異物の詳細を個別に認識するのと大きく異なり、病原体に対応するにはきわめて効率的な仕組みで、初期反応に向いている。