虫歯になりやすい人と、全く虫歯がない人の違いとは?タイプ別の傾向と対策。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
虫歯になりやすい人と、全く虫歯がない人の違いとは?タイプ別の傾向と対策。

 「ちゃんと歯を磨いているはずなのに、すぐ虫歯になってしまう。」なんていう言葉を日常でも、診療中でも聞くことがよくあります。そうかと思えば、「たいして歯磨きもしていないのに全然虫歯ができたことがない!」なんて方もいらっしゃいますよね。だいたいそうご自身で口にされていてもチェックしてみると虫歯があったりするのですが(笑)、中には本当に虫歯が一本もないって方もいらっしゃたりします。虫歯や歯周病になりやすい方、なりにくい方、いったい何が違うのか今回お話していこうと思います。

 まずはご自身がどのタイプになのか把握していきましょう。そうすることで虫歯や歯周病を防ぐための有効的な対策を立てていくことができます。大きく分けると4つのタイプに分類できます。それぞれの傾向と特徴を参照し、どのタイプに該当するのか確認していきましょう。

それぞれのタイプの傾向と特徴

虫歯・歯周病どちらにもなりにくいタイプ

  • 生まれつき免疫力が強い
  • もともと歯が強い。虫歯の菌の吐き出す酸への耐性に優れている
  • 虫歯や歯周病の原因菌をあまり持っていない
  • 間食や喫煙などの虫歯や歯周病に対するリスクファクターが少ない
  • 毎日正しく歯磨きをしている
  • お口の中への意識が高く、定期的に歯科医院で検診を受けている

虫歯・歯周病どちらにもなりやすいタイプ

  • 生まれつき免疫力が弱い
  • もともと歯が弱い、虫歯の菌の吐き出す酸への耐性に劣っている
  • 虫歯や歯周病の原因菌を多く持っている
  • 間食や喫煙などの虫歯や歯周病に対するリスクファクターが多い
  • 歯磨きを食後しないことが多い
  • 長い期間歯科医院に行っていない
  • 正しい歯磨き指導を受けたことがない

虫歯になりやすいタイプ

  • お口の中の細菌のなかで、虫歯菌の占める割合が多い
  • 歯並びが悪い
  • 口呼吸をしている
  • 唾液がネバネバする
  • お菓子やジュースなど甘いモノのよく口にする
  • 頻繁に間食をする
  • 小さい頃から何度も虫歯治療を経験している

歯周病になりやすいタイプ

  • 口腔内細菌のなかで、歯周病菌の占める割合が多い
  • 歯並びが悪い
  • 口呼吸をしている
  • 歯ぎしりや食いしばりをする
  • 頻繁に間食をする
  • 長い期間喫煙をしている
  • 不規則な生活をしている
  • 糖尿病を患っていて、コントロールをしていない
  • 歯のトラブルの経験が少なく、あまり歯科医院に行ったことがない

虫歯にも歯周病にもなりにくいタイプ

 どちらにもなりにくいタイプの方はあまり見かけません。お口の中に問題がない方は、そもそも歯科医院を受診しないので、出会わないのも当然かもしれません。そういう方もいらしゃるとは思いますが、上記のどれかに皆様も属しているとお考えいただいた方がお口の中を予防していく上でいいかもしれません。

 どちらにもなりやすいタイプは、お口の中の衛生状態に明らかに問題がある場合が多いです。虫歯も歯周病もなりやすいタイプの環境因子(食生活やお口の状態等)はよく似ています。どちらになりやすくなるかの違いは、どちらの菌を多く持っているかで決まります。しかし、菌の割合を正確に判定する事はできず、明確にタイプ分けするのは難しいのが実情です。上記の傾向や特徴を目安にし、ご自身の治療経験なども照らし合わせてタイプ判定してみて下さい。

タイプ別対策方法

虫歯・歯周病に、なりやすいタイプの方の対策

 出来る限りこまめに歯科医院で検診を受けましょう。このタイプの方は、本当に治療のおいかっけこのようになる事があります。一つの歯を治療している間に別の虫歯ができてしまう、ということがよくあります。虫歯・歯周病菌どちらか、またはどちらにもなっている状態で放置してしまうと、お口の中で菌が増殖し、さらに状態が悪化していきます。まずは治療が必要かどうか検査し、適切な処置を受けましょう。そして、毎日の正しい歯磨きをかかりつけの歯科医院しっかりレクチャーしてもらい、こまめに検診を受けていただければお口の健康は保つことができます。

虫歯・歯周病どちらにもなりにくいタイプの方の対策

 このタイプの方も3ヶ月に一回は定期検診を受けましょう。虫歯に悩まされた経験がないと、歯周病に対しても問題がないと過信してしまいます。あまり痛みの出ない歯周病は虫歯のように分かりやすい自覚症状がないため、気がつかないうちに悪化してしまうリスクがあります。毎日の正しい歯磨きなどセルフケアを続け、定期的にかかりつけの歯科医院で検診を受けましょう。

虫歯になりやすいタイプの方の対策

 虫歯になりやすいタイプの方は、虫歯の菌のお口の中での増殖も速いため、気付かぬうちに悪化させてしまうリスクがあります。こまめなかかりつけ歯科医院での検診と、正しい歯磨きはもちろんのこと、食生活の管理も重要になってきます。できれば、かかりつけ歯科医院で食材の選び方や、間食の取り方などアドバイスを頂いてください。

歯周病になりやすいタイプの方の対策

 歯周病は虫歯と比べて自覚症状が現れにくいので、発見が遅れてしまうリスクが生じます。特に、歯科医院での治療経験がなく、このタイプの方は知らないうちに歯周病を悪化させてしまうケースが多いのが特徴です。早期発見、早期治療、また予防対策として、しっかりとかかりつけ歯科医院で噛み合わせのチェックや、歯ぎしりや食いしばりのチェックと対応などしていただくことをお勧めいたします。

まとめ

 皆様思い当たるタイプはありましたか?どのタイプにしても歯科医師によるチェックは必要になってきます。痛みがないからとか、自覚症状がないからと油断はせずに、しっかりとかかりつけ歯科医師によるチェックは受けてください。特に、現在は虫歯の患者さんよりも歯周病の患者さんの方が増えてきています。歯周病は自覚症状がほとんどないのが特徴ですので、重症になる前に検診を受けるようにしましょう。

photo credit: The Gamblers by Sebastian Bieniek via photopin (license) 参照元:ムシバラボ 著者情報
小林 保行 先生
小林 保行 先生

歯科医師 KEY DENTAL CLINIC 院長

歯科医師 KEY DENTAL CLINIC 院長 新潟出身 こよなく新潟を愛しています。 お米と日本酒が大好きです。 運動は、水泳とトライアスロンにはまっています。 花と緑と石油の里、鉄道の街「新津」!という、旧新潟県新津市、現新潟県新潟市秋葉区で田舎の自然にふれて育ちました。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ