突然の歯の痛み!すぐにできる応急処置方法教えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
突然の歯の痛み!すぐにできる応急処置方法教えます。

 突然歯の痛みが襲ってきて、仕事に集中できない、眠れないなんてこと経験されたことのある方も多いのではないでしょうか?重要なプレゼン前だったり、試験の前だったりしたら余計すぐにでも痛みを止めたいですよね。今回は、そんな時の応急処置方法についてお話ししていきます。

1.歯が痛いときに今すぐできる応急処置

1−1.詰まった食べカスなどを取る

 まず初めに、痛みのある歯と歯の隙間や歯ぐきとの間に食べ物のカスなどが詰まっていませんか?虫歯の場合、食べカスなどが原因で歯の痛みを引き起こしている可能性があります。もし食後などに痛み始めたら、糸ようじや歯間ブラシ、もしくはつまようじなどを使って食べカスを取り除くようにしましょう。歯ぐきが腫れてしまう原因は、歯と歯肉の間に食べ物のカス(プラーク)がつまって腫れてしまうことが多いです。食べ物のカス(プラーク)の中の細菌が悪さをして歯肉に炎症を起こしてしまうのです。ただ直接痛む部分を刺激しないように注意してください。取り除く際に、誤って神経を刺激し、逆効果になってしまう場合があります。

1−2.よくうがいをする

イソジン

 ご自宅などにイソジンをお持ちの場合は、歯の周りの歯肉が腫れているなら、応急処置としてイソジンうがい薬を少し濃く作り、毎食後の他こまめにゆすぐと歯痛が落ち着きます。ただし歯肉の奥深くや根っこの先で腫れている場合はあまり効果があまり得られないこともあります。

温めた塩水(イソジンが手元にない場合)

 グラス1杯の水に、スプーン半分ほどの塩をいれて混ぜます。これで徹底的に口をゆすいでください。塩水は細菌を減らす効果が期待できるほか、神経の腫れをおさめる働きも期待できます。

1−3.濡れタオルや冷えピタなどで冷やして痛みを和らげる

 ズキズキ痛む部分を頬から冷やしてあげましょう。濡れタオルや冷えピタなどを使い頬へ当てましょう。こうすることで過敏になっている神経を落ち着かせ、痛みを和らげることができます。

1-4.市販の痛み止めを飲む

 ロキソニンS、バファリン、イブなど、鎮痛効果や解熱効果のあるものをおもちではないでしょうか?これらの市販薬で一時的に痛みを和らげることができますので、仕事中や就寝中など歯科医院に行けないときは利用してみてもよいかもしれません。痛み止めで一時的に痛みを抑えることができます。ただし、痛みが一時的に引いてもまた繰り返すか、虫歯菌がもっとひどくなる場合があるので、早めに歯科医院で診てもらう必要があります。

2.歯が痛いときにやってはいけないこと

 歯が痛いときにやってしまいがちな、応急処置にならない手当をまとめました。

2-1.あたためる(お風呂、運動)

 痛みが持続している場合に身体を温めてしまうと、血行がよくなり痛みがさらに強くなることがあります。入浴は控えてシャワーを浴びる程度にひかえましょう。直接温めてるわけではありませんが、運動も控えたほうがよいでしょう。血行がよくなることで、痛みが悪化する可能性があります。

2-2.痛い歯をいじる(押さえる、ゆする)

 当然ですが痛い歯をを触らないようにしましょう。刺激を与えることもですが、手に付着した菌が歯や歯茎に入り悪化させてしまう事があります。痛い部分がどうなっているのか触りたくなる気持ちは分かりますが、歯痛がする場合、出来るだけ舌先でも触れないようにしましょう。

2-3.お酒を飲む

 痛みが紛れそうですよね。確かに、中枢が麻痺し一時的には痛みを忘れることができますが、血液の循環が良くなるために、その後強い痛みに襲われます。

2-4.タバコをすう

 たばこも歯を刺激してしまいます。自身を落ち着けようと思って吸ってしまうと、血流が良くなり神経が過敏になってしまい、余計腫れがひどくなってしまうこともあります。たばこを吸う方は少しの間我慢しましょう。歯痛を悪化させるだけなので逆効果となります。

まとめ

 今回お話しした内容は、あくまで一般的な応急処置です。できる限り自己判断はせず、早めにかかりつけの歯科医院などで診査診断してもらってください。

photo credit: OMG via photopin (license) 参照元:ムシバラボ 著者情報
小林 保行 先生
小林 保行 先生

歯科医師 KEY DENTAL CLINIC 院長

歯科医師 KEY DENTAL CLINIC 院長 新潟出身 こよなく新潟を愛しています。 お米と日本酒が大好きです。 運動は、水泳とトライアスロンにはまっています。 花と緑と石油の里、鉄道の街「新津」!という、旧新潟県新津市、現新潟県新潟市秋葉区で田舎の自然にふれて育ちました。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ