噛み合わせが原因で知覚過敏に!噛み合わせや歯ぎしりによる知覚過敏の治療方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
噛み合わせが原因で知覚過敏に!噛み合わせや歯ぎしりによる知覚過敏の治療方法とは?

 皆様の中にも歯がしみるってい事を経験された事がある方も多いのではないでしょうか。それは知覚過敏かもしれません。知覚過敏とは冷たいものや温かいもので歯の神経が過敏に反応することを言います。知覚過敏と言っても、その原因は様々です。虫歯や歯周病によるもの、噛み合わせや食いしばりによるもの、強いブラッシング圧によるものなど様々な要因によって引きおきます。今回は、噛み合わせや食いしばりによる知覚過敏のお話をいたします。

1.知覚過敏とは

 知覚過敏とは、歯茎が下がってくると今まで歯茎に覆われていた歯の根の部分の象牙質(ぞうげしつ)がお口の中に出てきます。象牙質には細い神経が通っているため、冷たいものなどの刺激を受けるとしみや痛みとして感じます。ちなみに歯の頭の一番表層の部分はエナメル質と呼ばれる組織で、非常に緻密な構造をしていて神経が通っていないために痛みを感じることはありません。

2.噛み合わせや、歯ぎしりなどによる知覚過敏とは

・強い噛み合わせや歯ぎしりで歯の根元や歯の表面が削れる

 強く不正な噛み合わせや歯ぎしりによって歯の根元に応力が加わり、歯の根元が削れてしまいます。これによって象牙質が削られ、そこに刺激が加わり知覚過敏となってしまう事があります。また、繰り返しの歯ぎしりによって歯の表面が削れる事によっても 歯の表面の象牙質が露出し知覚過敏となってしまう事があります。では、そのような知覚過敏になってしまった時の治療方法はどのようなものがあるのでしょうか?

3.治療方法や対策

・削れたところをプラスチックの材料で詰める

 削れたところを簡単にプラスチックで詰める事ができます。詰めることによって機械的な刺激から守ることができます。ただし、プラスチックは劣化があるため定期的にやり替える必要があります。

削れたところをプラスチックの材料で詰める
削れたところをプラスチックの材料で詰める

・マウスピースで保護する

 歯の表面や根元の削れをこれ以上悪化させないようにマウスピースで守ります。歯ぎしりが強い方は上記の治療をしてもすぐに剥がされてしまうことが多いため、マウスピースで保護する必要があります。

・矯正治療により不正な噛み合わせを改善する

 不正な噛み合わせや歯並びによって歯が削れてしまうだけでなく様々なお口のトラブルを招く事があります。このような時、矯正治療によって正常な噛み合わせや歯並びに治す事で改善させる方法があります。

まとめ

 強い歯ぎしりやくいしばり、不正な噛み合わせや歯並びは歯を削ってしまい知覚過敏を引き起こすだけでなく、顎関節症など様々なお口のトラブルを引き起こします。知覚過敏が気になっていたり、歯ぎしりや歯並びを気にされた事のある方は是非歯科医院で相談しましょう。

参照元:ムシバラボ 著者情報
小林 保行 先生
小林 保行 先生

歯科医師 KEY DENTAL CLINIC 院長

歯科医師 KEY DENTAL CLINIC 院長 新潟出身 こよなく新潟を愛しています。 お米と日本酒が大好きです。 運動は、水泳とトライアスロンにはまっています。 花と緑と石油の里、鉄道の街「新津」!という、旧新潟県新津市、現新潟県新潟市秋葉区で田舎の自然にふれて育ちました。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ