あわてないで!!知っていれば助かる歯が欠けた時や抜けた時の対処方法!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あわてないで!!知っていれば助かる歯が欠けた時や抜けた時の対処方法!!

 突然学校などから連絡が来て、「お子様が廊下で転倒して前歯を折ってしまいました!」「お子様が部活でぶつかって、前歯が抜けてしまいました!」など言われたこと、お子様を持つ親御さんたちで経験したことのある方たちも多いのではないでしょうか?突然このような連絡が来たらパニックになってしまいますよね!

 学校の先生たちも専門家ではないのでパニックになってしまっているケースが多いです。このような時にパニックにならないようにどうすれば良いか対処方法をお伝えいたします。是非、参考にしてみてください。

歯が欠けた時の対処方法

 まずは慌てないでください!!目の前で転んだりして大泣きしていたりするお子様を前に、慌てるなと言われても難しいかもしれませんが、できる限り冷静になってください。そして、ぶつけてしまった歯の状況やどのように転倒したかをチェックしてください。それによって対処方法が変わります。

1.歯が部分的に欠けてしまっている場合

 歯が欠けてしまった場合は、欠け方によっても対処方法が変わります。

1-1.大きく欠けている場合

 比較的大きく欠けていて、欠けた歯の破片が残っている場合は、清潔なガーゼなどに包んで歯科医院に持ってきてください。歯科用の接着剤でくっつけることができる場合が多いです。くっつけられなかったとしても、コンポジットレジンという歯科用のプラスチックで綺麗に治すことができます。注意点としては、ご自身でアロンアルファなどでくっつけたりしないでください!!元に戻すことができなくなってしまいます。

1-2.小さく欠けている場合

 小さく欠けている場合は、上記のようにコンポジットレジンで治すこともできますし、本当に小さな場合は、欠けた部分を滑らかに磨くだけで大丈夫な場合もあります。歯がギザギザしている場合があるので、舌や唇を傷つけないように気をつけてあげてください。

1-3.かなり大きく欠けていて歯の神経を取らなければいけない場合

 かなり大きく欠けてしまい、破折の断面が歯の神経まで達している場合は神経を取る処置が必要になります。神経を取った後は、土台を立て、セラミックなどによって被せ物をしていきます。神経の治療について詳しくはこの記事を参考にしてください。ここまで大きく欠けていると、かなり痛みも伴っている場合もありますので、痛みの対処については電話などで歯科医師の指示に従ってください。年齢や体格により痛み止めなどが常備されていれば飲んでいただく場合もあります。

2.歯がグラグラしてしまった場合

 比較的小さなお子様の場合、歯が欠けるよりも脱臼や亜脱臼と言って、グラグラになる場合が多いです。この場合はレントゲンなどで根っこが折れているなどの問題がなければ、隣の歯と歯科用の接着剤で固定して経過を診ていきます。ほとんどの場合揺れも止まり問題なく治ります。揺れていて触ると痛いと思いますので、できる限り来院されるまで指や舌などで触ったり、いじらないように注意してみていてください。できる限りいじらないで来ていただいた方が予後がいいです。

3.歯が抜けてしまった場合

 転倒やスポーツなどで、強い力がかかった場合歯が抜けてしまう場合があります。特に気をつけていただきたいのは、決して水などでは洗わないでください。

 一番いい方法は、歯の保存液(ティースキーパーネオ)に入れて持って来ていただくことです。約24時間保存できます。

 保存液がない場合は、牛乳に入れて持って来てください。意外かもしれませんが、約6時間保存できます。」(やはり歯の保存液の方が安全ですし保存効果も高いですので、ご家庭や学校などでも常備しておくことをお勧めいたします。)

 このような方法で持って来ていただければ、抜けた歯を元の位置の戻し隣の歯と歯科用の接着剤で固定します。約2週間ほどで固定し歯を残せるケースが多いです。ですが、歯の神経の治療はしなければならないことが多いです。

まとめ

 以上のように、転倒などによる前歯の対処方法ご理解いただけたでしょうか?気をつけていただきたいのは、転倒の仕方が頭や顔などから落ちている場合はまず病院に行ってください。口から出血していたりすると、そっちに気がいきがちですが、特に頭から落ちていた場合は、病院に先に受診してください。欠けたり折れたりしている歯は、先ほどの保存容量で持って来ていただければ大丈夫です。後は、これらのことをふまえて、落ち着いて対応してください。そして、速やかにかかりつけなど緊急対応している歯科医院に連絡してください。今回の記事が、少しでもご家庭や学校などでの緊急時に役に立てたらうれしいです。

参照元:ムシバラボ 著者情報
小林 保行 先生
小林 保行 先生

歯科医師 KEY DENTAL CLINIC 院長

歯科医師 KEY DENTAL CLINIC 院長 新潟出身 こよなく新潟を愛しています。 お米と日本酒が大好きです。 運動は、水泳とトライアスロンにはまっています。 花と緑と石油の里、鉄道の街「新津」!という、旧新潟県新津市、現新潟県新潟市秋葉区で田舎の自然にふれて育ちました。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ