知っていますか?お口に関する日本の世界との差!その衝撃の事実とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
知っていますか?お口に関する日本の世界との差!その衝撃の事実とは。

 皆様は、歯医者さんに定期検診に行っていますか?最近、歯医者に行ってないなぁとか、虫歯があるのはわかっているけど歯医者いってないなぁ、なんて方多いのではないでしょうか!皆さん、一年に一度は身体の健康診断や人間ドックは行きますよね?ここに非常に大きな問題があるんです!身体の事で問題がある、もしくは問題がなくても病院には行って診てもらう。しかし、同じ身体の一部の事なんですが、お口の事となると極端に歯科医院で診てもらう事に遠ざかってしまうんです。では、海外ではどうなのか数字を用いて見て行ってみましょう。

海外の歯科定期検診受診率

 海外、特に歯科先進国と言われる国の定期検診受診率はどういった感じなのでしょうか?

アメリカ・・・約67%

スウェーデン・・・約82%

ドイツ・・・約70%

 といったような非常に高い数字が並びます。では、日本はどうでしょうか?気になりますよね?

日本・・・約16%!!

衝撃的な低さですよね!?これでは、日本は歯科先進国とは言えないですよね。やはり、その国々においてのお口に対する意識の違いがこの数字に出ていると思うのです。例えば、先ほどお口に問題があるのはわかっているのに歯医者に行っていない方が多いと書きましたが、実際数字で見るとどうなのでしょうか?

歯医者での定期検診が虫歯を減らす

 お口に問題があると感じている方は62.7%なのに、現在歯科で治療中の人は全体の11%にとどまっていると調査結果が出ています。実際、1000人の30代の人を対象に調査したところ、90%以上の方が一本以上虫歯があるか歯周病があったそうです。しかし、その中で歯科医院に通院していた方は、12%程度だったそうです。12%しか通院していないのも問題ですが、90%に虫歯があるというのも問題ですよね!!この数値を減らすにはやはり大切なのは「定期検診」なのです。

定期検診の受診率が歯の残存数に直結する

 日本と欧米諸国の高齢者の残存歯数(残っている歯の本数)平均をご存知ですか?

 80歳時で

・スウェーデン 25本です。 

なんと、

日本 8.8本!

 スウェーデンと日本とでは、高齢者の残存歯になんと16本もの差があります。 その違いは一体何なのでしょうか?調べてみると、やはり定期検診を「受けている」のか「受けていない」のか の違いだということがわかってきました。先ほどの数字で示したように、歯科医療先進国であるスウェーデンやアメリカでは、定期検診の受診率が70~80%と高く、それに伴い80歳の残存歯数も高くなっています。一方、日本は受診率が16%とはるかに低く、残存歯数もわずか8.8本。 予防意識の違いは一目瞭然であり、残存歯数に大きく影響していることがわかります。

8020運動

 8020運動というのを皆さんはご存知ですか?厚生労働省や日本歯科医師会が推進している80歳で20本以上はを残そうという運動です。1989年から開始されていますが、2011年の実態調査では全体の達成数は増えているのですが、日本全体の高齢者人口が増えているため、スウェーデンのように80歳で残存歯が平均25本歯というのはまだまだ遠い目標となっています。とはいえ、近年CMやメディアを通じて歯に関する情報が流されるに従って、日本全体の歯や口腔衛生という者に対する関心は高まってきています。あとは、定期検診も含め歯科医院に行く!ということが当たり前のようになっていけば、日本全体で80歳で平均20本残っているということが実現できるのではないでしょうか。

お子様の歯医者での定期検診の重要性

 日本において、12歳で虫歯がを1本以上ある子供は2%前後なのです。にもかかわらず、30代になると90%以上に虫歯か歯周病ができてしまっている。小さい頃は、学校検診も毎年お口の中も行いますし、ご両親が手をかけて歯科医院に検診に連れて行ったりしているため虫歯になりにくい状態になっているのです。しかし、成長するにつれ、学校検診や会社での健康診断ではお口の中まで検査しないですよね。ご両親のても離れていくため、だんだんお口の中が虫歯ができやすい環境になってしまうのです。この時期にしっかり定期検診を歯科医院で行っていれば、30代になっても虫歯の率は必ず減らせます!!

まとめ

 これだけ様々なものが先進的な日本において、歯科においてはこれだけ他の先進国に差をつけられているというのも衝撃的な事実ですよね。医療技術や医療機器は他の先進国に引けを取らないものがあります。さらに他の国の歯科医院を見学したこともありますが、何よりやはり日本の歯科医院におけるホスピタリティは素晴らしいものがあります。今お口に問題があるという方はもちろん、問題ないと思っている方でも最近歯科で検査受けていない方、是非歯科医院で検査を受けてください!!そして、日本の虫歯を減らしていきましょう。

参照元:ムシバラボ 著者情報
小林 保行 先生
小林 保行 先生

歯科医師 KEY DENTAL CLINIC 院長

歯科医師 KEY DENTAL CLINIC 院長 新潟出身 こよなく新潟を愛しています。 お米と日本酒が大好きです。 運動は、水泳とトライアスロンにはまっています。 花と緑と石油の里、鉄道の街「新津」!という、旧新潟県新津市、現新潟県新潟市秋葉区で田舎の自然にふれて育ちました。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ