夏風邪、ひいていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏風邪、ひいていませんか?

 皆さんこんにちは。看護師の瀧口です。

 梅雨も明け、夏真っ盛り。夏は楽しいイベントが山盛りの楽しい季節ですが、我が家では二人の子どもが次々に保育園で夏風邪をもらってきて、なかなか落ち着きません。

 大人の間でも、夏風邪が流行しているようですね。

 今回は、そんな夏風邪についてお話ししましょう。ああ、早くプールに行きたい!

風邪は冬だけではありません

 風邪というと、どうしても寒い季節というイメージがありますが、毎年この時期、医療機関には夏風邪の患者さんが押し寄せます。

 外の気温は30℃を超えていても、室内は冷房で20℃台前半。その差なんと10℃以上ということもよくあります。クールビズもずいぶん浸透しましたが、それでも快適と感じる室温は人それぞれなので、寒くて風邪をひく人もいるでしょう。また、屋外と室内の気温差に体がついていかない、ということもありますね。

 寝ている間にクーラーで体が冷えすぎてしまうことも原因になります。寝るときは心地よく感じる気温でも、夜中に寒くて目が覚める、朝起きるとのどが痛い、といった経験がある人も多いのではないでしょうか。

風邪は冬だけではありません

夏風邪予防も免疫が鍵です

 夏風邪の多くは、ウイルスや細菌などの病原微生物が原因です。これらから身を守るために、免疫力を高めましょう。免疫細胞のなかでも、NK(ナチュラルキラー)細胞は、ウイルスなどに感染した細胞を撃退するという重要な役割を担っています。

 生活習慣の改善は誰にとっても難しいものですが、せめて、夜はできるだけ同じ時間にベッドに入り、しっかり睡眠をとりましょう。睡眠不足は疲れをため、免疫力を低下させます。

 栄養バランスの良い食事を心がけ、精神的ストレスを避けた生活ができれば、さらに免疫力アップが期待できます。ご自身がもともと持っている免疫力をあるべき状態に整えて、風邪予防の土台を作りましょう。

 そして、クーラーの温度は下げすぎない、扇風機もあわせて使う、羽織るものを持つなどの環境を整えましょう。

 もちろん、外出から戻った際のうがい手洗いは有効です。

 夏風邪を予防して、残りの夏を楽しみましょう。

著者情報
 瀧口 景子
瀧口 景子

看護師

看護師。早稲田大学大学院修了。都内大学病院に勤務後、企業に勤務。看護学生、新人看護職員らを対象とする医療安全講師としても活動中。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ