意外な糖尿病の原因とは?2型糖尿病に ならないために注意したいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
意外な糖尿病の原因とは?2型糖尿病に ならないために注意したいこと

 糖尿病といえば生活習慣病のひとつとして有名です。40歳以降から糖尿病にかかる人・疑わしい人は30%以上で、60歳以降で60%以上といわれています。糖尿病が進行すると毛細血管がダメージを受けて糖尿病性網膜症・腎症や、脳梗塞・心筋梗塞・閉塞性動脈硬化症、組織壊死などの原因となってしまいます。そして日本は糖尿病人口が世界で6番目に多いというデータ*もあります。なぜ日本は糖尿病者数が6位になったのでしょうか。そして糖尿病にならないためにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。

*国際糖尿病連合が11月に発行した「Diabetes Atlas」第5版より

まずは糖尿病の基本

 糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があります。1型は生活習慣とは無関係で自己免疫性疾患などが原因とされています。2型は暴飲暴食などの生活習慣が原因とされています。今回は2型糖尿病についての内容です。

意外に多い日本人の糖尿病患者

 2012年に実施された糖尿病実態調査*によると、日本には約950万の「糖尿病が強く疑われる人」が存在します。さらに、「糖尿病の可能性を否定できない人」も約1,100万人おり、合計で総人口の10%を超える約2,050万人の糖尿病患者および予備群がいると推定されています。糖尿病の重症化予防のためには早期発見・早期治療が重要ですが、医療機関や健診で糖尿病といわれたことのある人の中で、「治療を受けていない」人の割合は男女ともに30~49歳までの働き盛りが最も多く、約6割が未受診または治療中断という状況です。糖尿病には痛みなどの自覚症状が少ないことから、疑いがありながらそのまま治療を受けないケースが多くあることが、その要因と考えられています。

*平成24年国民健康・栄養調査より

 しかし、じつは日本は昔から糖尿病人口が多かったわけではありません。そこでキーワードになるのが「生活習慣病」です。その名の通り、戦後の復興を遂げてから日本人の生活習慣が大きく変化、欧米化したことが主な原因だといわれています。外食をする機会も増えましたし、交通機関も急激に発達したため歩いたり自転車に乗ったりという機会はかなり減少しました。そしてとくに近年では土木業や建築業よりもデスクワークなどのほうが増えてきており、運動する機会が少なくなって肥満体質の人も増加しています。

 こういった生活習慣が日本の糖尿病人口を急激に増加させたといわれています。

糖尿病を防ぐ食生活。2つの《意外》

 内科病棟でよく耳にすることなのですが、次の2つが意外にも勘違いされていることです。

その1「甘いものを食べなければいいんでしょ?」

 糖尿病という病名のためか、糖尿病にならないためには「糖分をとりすぎなければいい」と思っているひとが意外といるものです。たしかに甘いものや高脂肪のものは、ほかの栄養素に比べると摂取するカロリーが比較的高いので血糖値を上げる原因のひとつにはなります。しかし、当然ですがそのようなことだけ注意をしていても糖尿病を予防することはできません。

 重要なのは【カロリーを摂取しすぎないこと】です。どんなに糖分が少ないものでも大量に摂取すれば高カロリーな食事となってしまいます。

その2「なにを食べたら糖尿病になるのですか?」。

 その1を理解していただけたらすぐにわかっていただけると思いますが、とくに糖尿病になりやすい・なりにくい食材というものはありません。カロリーが高い・低いという違いはあっても、栄養バランスの整った食材で、自分に適したカロリーに抑えておけばとくに食材に注意する必要はないといわれているのです。

もうひとつ注意しておきたいこと

 2型糖尿病は膵臓から分泌されるインスリンの作用不足によって起こります。食事をすることで血液中のブドウ糖が増加し、膵臓からインスリンが分泌されます。膵臓もほかの消化器と同じように、常に働いているわけではなく、睡眠中や血中のブドウ糖が低い時には休息をしています。

 しかし、頻回に食事や間食をすることや、寝る前に高カロリーの食事をするといった生活習慣では膵臓の働く時間がより多くなります。つまり、私たちと同様、働きっぱなしの膵臓は過労によるストレスで調子を崩してしまい、インスリンの分泌に異常をきたして2型糖尿病となってしまうのです。カロリーに気を付けていても、頻回に食事などを摂取しているような食生活の乱れも糖尿病の原因となります。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。2型糖尿病の予防を極端にまとめると「規則正しい生活習慣を送る」ということになってしまいますが、糖尿病に限らず、生活習慣病の予防はそれこそが最大の予防法なのです。

著者情報
長嶋 真一
長嶋 真一

看護師歴15年以上。整形外科、消化器内科・外科を中心に経験を積ませていただいています。福岡県の田舎に生まれ、田舎で育ち、そのままのんびりと田舎で生活しています。趣味はアクアリウム(水槽)で、水草水槽や熱帯魚水槽の世話を毎日楽しんでいます。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ