「生活習慣病」は薬では治せない?日本 にはびこる生活習慣病と闘う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「生活習慣病」は薬では治せない?日本 にはびこる生活習慣病と闘う

 日本は保険制度と医療が充実しています。ですが、欧米諸国に比べると病気予防の意識が低いと言われており、特定健康診査の受診率も50%を下回っています。現在でも、多くの薬が開発されているなかで、生活習慣病の人は増え続けています。病院に行って薬を飲むだけでは、健康は守れません。それでは、どのようにすればいいのでしょうか?

日本では欧米に比べて健康管理の意識が低い?

 日本の悪性新生物検診率は、OECD(経済協力開発機構)加盟国30ヶ国の中で最低レベル。少しずつ上がってきてはいますが、 欧米の検診受診率が70~80%であるのに対して、日本の受診率は30~40%と、まだまだ低いというのが現状です。また、2008年にメタボリックシンドロームに着目して始まった特定健康診査においても、2013年度の受診率は50%に届かず、やはり低い状態にあります(2015年8月、厚生労働省発表)。

 一方で、自分の健康に関して不安に思っている人は多くいます。『平成26年版厚生労働白書』によると、自分の健康に関して何らかの不安を持っていると答えた人は60%超。これらの数字から、自分は健康ではないかもしれないと思いつつ、健康管理として基本的な健診・検診を受診していない人が多いという状況が見えてきます。

治療を受けない人、途中でやめてしまう人も多い

 日本では血圧や血糖値などで異常が見つかっても治療を受けない人や、治療を途中で止めてしまう人が多いとも言われています。糖尿病のケースを見てみましょう。2009年度の厚生労働省の調査によると、糖尿病総患者数は237万人。予測患者数約1000万人の25%にも満たず、治療を受けていない患者の健康が危惧されています。

 また、厚生労働省研究班の発表によると、2009年10月から2010年9月末までの1年間に、受診を中断する患者が1割近くもいました。糖尿病を放置すると症状が進行して重症化し、失明したり腎臓の透析が必要になったりするにも関わらず、痛みなどの辛さに直面していない、仕事が忙しい、といった理由で、治療を受けなかったり、通院をやめてしまう人が多くいるのです。「いざとなったら病院に行けばいい」「病気になっても薬を飲めば治る」と考える人が相当数いると考えられますが、糖尿病患者並びに糖尿病予備軍は2000万人強と予測されており、事態は深刻です。

治療と薬用だけで生活習慣病は治らない

 しかし、生活習慣病は薬を飲むだけでは改善しません。前項で例に挙げた糖尿病で考えてみましょう。糖尿病のためにこれまで多くの薬が開発されてきましたが、それによって糖尿病患者を減らすことには成功していません。むしろ、糖尿病合併症のために失明する人は毎年3000人、腎臓の機能が低下して人口透析が必要になる人は1万人以上も増えているのです。

 糖尿病に限らず、どの生活習慣病でどの薬を服用するにしても、医師の指示に従って食事や運動などの生活習慣を改善することは必須です。通院と薬の服用だけで生活習慣病が治るということは、まずありません。生活習慣病などの慢性疾患で亡くなる人の多い米国では、平均寿命に達する前に亡くなる早期死亡に影響を与えるものとして、ライフスタイル、つまり生活習慣が50%もの割合を占めると考えられています。それに対して、保健医療はたったの10%。医療や薬よりも、生活習慣がはるかに寿命に影響を与えているのです(米国保健社会福祉省「Healthy People」)。

生活習慣病はひっそりと進行するので注意!

 糖尿病や高血圧、脂質異常症、動脈硬化は、いずれもひっそりと進行します。自覚症状が出てくる頃、薬を飲まなければならない頃にはかなり症状が進んでいることが多く、生活の質が大きく低下することも珍しくありません。治療を一生続けなければならなくなることもしばしばです。

 治療を受けて薬を飲んでも、生活習慣を改めなければ症状は改善しません。発症前でも発症後においても、生活習慣を改善することこそが肝要なのです。

参考

厚生労働省 平成25年 国民生活基礎調査の概況

厚生労働省 平成25年度特定健診・特定保健指導の実施状況について

厚生労働省 検診受診率向上50%達成に向けた集中キャンペーン 低い日本の 検診受診率

佐野隆久他「就労と治療の両立・職場復帰支援(糖尿病)の研究(第1報)」

『日本職業・災害医学会会誌』Vol. 59, No. 5、一般社団法人日本職業・災害医学会、2011年

著者情報
阿井 あさ子
阿井 あさ子

健康管理士一般指導員

健康管理士一般指導員、食生活アドバイザー(2級)。研究領域は健康・幸福と 社会問題。30代半ばにして健康診断で軽肥満と高血圧を指摘され、「このままで は長生きしない」という医師の言葉に衝撃を受ける。以来、健康についての研究 と実践を重ね、免疫を上げる&下げない健康的で幸福な生活を実践中。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ