更年期障害の症状とは?女性の方、イライラ、だるさ、めまいを感じていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
更年期障害の症状とは?女性の方、イライラ、だるさ、めまいを感じていませんか?

 Q:一カ月ほど前から、体がダルく何もする気が起きません。床にある物を拾って上半身を起こした時などに、立ちくらみを感じることも多くなってきました。貧血があるわけでもないのに、何故でしょうか?友人からは更年期なのでは? と冷やかされますが、急に汗をかくようなことはありません。(50代 女性)

A:更年期障害にはさまざまな症状があります。

 こんにちは。NPO法人予防医療推進協会の佐々木です。ご質問ありがとうございます。更年期障害というと、まず思い浮かぶのがいわゆる“ホットフラッシュ”と呼ばれる急にカーッと暑くなって汗をかくような症状ですが、他にもさまざまな症状があるので、今回は更年期障害の原因と症状についてご紹介したいと思います。

1. 更年期と

 閉経年齢には個人差があるものの、現在の日本人女性が閉経を迎える年齢は50歳~51歳といわれていて、一般的には閉経前後の45歳~55歳の10年間を“更年期”と呼びます。

2. 更年期に起こる体の変化

 女性ホルモンの一種であるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量は20歳をピークに少しずつ減少し40歳を境に急激に減少します。そして45歳を過ぎるとその減少が更に加速するのです。エストロゲンの分泌量が減少すると、それまでエストロゲンによって調節されていた自律神経や感情、脳の働きや血管収縮の抑制、骨の形成といったさまざまな機能に支障が出るようになります。そしてエストロゲンの減少を察知した脳は卵巣に対して、もっと女性ホルモンを出すようシグナルを送るのですが、加齢によって卵巣の機能が衰えているせいで女性ホルモンを分泌することが出来ず、さらにそのシグナルが強くなることで、脳に不要な興奮を起こしてしまい、自律神経の調節がうまくいかなくなってしまいます。このような自律神経の乱れには個人差はあるものの、特に日常生活に支障をきたす場合を更年期障害と呼びます。

3. ストレスと症状の関係

 更年期障害と呼ばれる症状はさまざまありますが、その症状の現れ方には非常に個人差があります。その差が生じる大きな要因とされているのがストレス。女性ホルモンを作っているのは卵巣のみだと思われている人がほとんどかと思いますが、実はもう一か所、女性ホルモンを作っている場所があります。それは副腎。腎臓の上に三角形の帽子のようにちょこんと乗っている臓器で抗ストレスホルモンとも呼ばれるコルチゾールというホルモンなどを主に分泌しています。副腎は卵巣に比べるとごく少量ではありますが、性ホルモンも分泌しています。閉経後の女性はエストロゲンの分泌量が通常時の約40%まで減少することを考えると、例えごく少量でも副腎から分泌されるエストロゲンは貴重なものとなります。

 しかし大きなストレスを抱えるほど副腎は抗ストレスホルモンの分泌に忙しくなり、女性ホルモンの生産まで手が回らなくなってしまうのです。

4. 更年期障害の症状

ダルさ、疲れやすい

 周囲には理解が得られにくい症状ですが、これも更年期障害特有の症状です。無理をすると更にストレスが大きくなるので、ドリンク剤などでごまかすことなく、きちんと休養を取りましょう。

頭痛、肩こり、腰痛

 もともと、このような症状を持っていた人は、その症状がひどくなる。あるいは、これまで全く頭痛などの経験がない人でも症状が現れることがあります。ただしひどい頭痛や腰痛に関しては他の病気が潜んでいる可能性もあるので、安易に更年期が原因だと決めつけず、専門医に相談した方が安心でしょ

う。

不眠

 自律神経の乱れによって交感神経が優位になり過ぎ、なかなか寝付けなかったり、途中で目が覚めてその後、眠れなかったり、眠りが浅くなったりします。ウォーキングなどの軽い運動をして体に疲労感を与えたり、就寝の2時間ほど前に低めの温度のお風呂にゆっくりつかる、大きく深呼吸をするなどして副交感神経を刺激する工夫をしましょう。

動悸、息切れ

 脈拍や呼吸の調整も自律神経が行っています。動悸や息切れといった症状も交感神経が優位になり過ぎると起こる症状なので、出来るだけゆったりとした気持ちで過ごす事を心掛けましょう。

のぼせ、ほてり、発汗

 いわゆるホットフラッシュと呼ばれる更年期障害で最も知られる症状です。自律神経の調整が上手くいかず、血管の収縮や拡張のコントロールが出来なくなることで起こります。人前で急にカーッと暑くなり汗が噴き出すと、気持ちが焦ってしまいますが、焦ることで更に症状が悪化するので、「素敵な方とご一緒したせいかしら?」などと冗談を言えるくらいの心の余裕を持ちましょう。

イライラ、不安感、気持ちの落ち込み

 一見、相反する感情ですが、実はこれらの感情の起伏は全てそれまでエストロゲンによって上手くコントロールされていたものが、出来なくなったことが原因で起こる情緒の不安定さです。ウォーキングなどで幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの分泌を促すことで緩和されるケースも多くあります。

めまい

 めまいイコール貧血ではありません。ホットフラッシュと同様に血管の収縮・拡張のコントロールが上手くできないために、急な姿勢の変化によって起立性低血圧が起こり、めまいや立ちくらみを感じます。どのような時にめまいが起こったのかを記録し、日常の動作に気をつけましょう。

 こうして見てみると実にさまざまな症状が起こる更年期障害ですが、その症状のほとんどが自律神経の乱れから発症するものですから、夢中になれる趣味を持ったり、運動習慣をつけたりとストレスのコントロールをする、お風呂にゆっくりつかる、深呼吸を1日に何度かするなどの生活習慣を実践されてみてはいかがでしょうか。ほとんどの女性が仕事が休みの日は家事に忙しいなど、完全な休日がないのが実態でしょう。だからこそ「分かっているけど、忙しくてできない。」なんて言わないで、ご自身の体のための時間を作って頂きたいと思います。

著者情報
佐々木 さゆり
佐々木 さゆり

NPO法人予防医療推進協会 理事長。近代栄養学、中医営養学、心理学や身体機能と多方面からのアプローチで健康に関する講演、執筆活動を行う他、飲食店のコンサルティングも手掛けるなど多方面で活動中。中でも「命の尊さ」「愛」を子ども達に伝える「心を育む食育」に重きをおき、食育絵本も出版。自らも保護猫を中心とした30匹の猫、犬と暮らす。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ