花粉症の方は要注意!ご存じですか?口腔アレルギー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉症の方は要注意!ご存じですか?口腔アレルギー

 皆さんこんにちは。看護師の瀧口です。

 先日、厚労省がアレルギー疾患の対策推進に向けた基本指針案を公表しました。

 アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症など、いまや日本人の2人に1人はなんらかのアレルギーを持つといわれ、社会問題となっていますね。

 今回は、アレルギーのなかでもあまり知られていない口腔アレルギーについてお話しします。

体に良いはずの野菜や果物で、なぜ!?

 特定の果物や野菜を食べた後、口のなかがかゆくなる、違和感がある、という方、いらっしゃいませんか?

 もしかすると、それは「口腔アレルギー症候群」の症状かもしれません。食物アレルギーの一種で、近年増えているといわれています。

 食べた後5分以内に症状が出て、その後数分~数十分でおさまることが多いのですが、まれに呼吸困難などを起こし重症化するケースもあるので、軽視はできません。

 大人も子どもも発症します。

体に良いはずの野菜や果物で、なぜ!?

花粉症がある方は要注意!

 この口腔アレルギー症候群、花粉症を持っている方に多く発症することが分かっています。野菜や果物には、花粉と似た構造の物質が含まれているためだそうで、アレルギー反応を起こす花粉の種類ごとに、注意が必要な野菜・果物があります。

花粉の種類アレルギー症状を起こしやすい果物
ハンノキ、シラカンババラ科果物(リンゴ、モモ、さくらんぼなど)
イネ科、ブタクサウリ科果物(メロン、スイカなど)
ヨモギセリ科野菜(セロリ、ニンジンなど)

(厚生労働科学研究班による食物アレルギーの診療の手引き2014を参考に作成)

 身に覚えのある方は、専門医によりアレルギーの有無の判定を受け、抗ヒスタミン薬などで症状を抑えることもできます。

 加熱したもの(ジャムなど)であれば、アレルギー症状が出ないことも多いようです。

 また、加工食品には思わぬ材料が使われていることもあります。買い物の際には、原材料の表示を確認しましょう。

 余談ですが、私の友人はヤマイモのアレルギーがあり普段から注意しているのですが、なんの気なしに食べたゼリーにまさかのヤマイモが含まれており、救急車で病院に運ばれた経験があります。皆さんご注意ください。

著者情報
 瀧口 景子
瀧口 景子

看護師

看護師。早稲田大学大学院修了。都内大学病院に勤務後、企業に勤務。看護学生、新人看護職員らを対象とする医療安全講師としても活動中。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ