先手必勝!流行前にインフルエンザ対策 第2回:どうすれば予防できる?予防接種は受けるべき?接種回数は1回?2回?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
先手必勝!流行前にインフルエンザ対策 第2回:どうすれば予防できる?予防接種は受けるべき?接種回数は1回?2回?

 皆さんこんにちは。看護師の瀧口です。

 インフルエンザ特集。第1回の前回は、“そもそもインフルエンザって?いつ流行るの?風邪との違いは?”という、インフルエンザの基礎についてお話しました。

 第2回となる今回のタイトルは「どうすれば予防できる?予防接種は打つべき?接種回数は1回?2回?」です。

 インフルエンザも、やはり予防が大切。予防接種を受けるべきかどうか悩んでいる方も、ぜひ参考になさってください。

インフルエンザ予防 - 5つのポイント

 前回は、インフルエンザと通常の風邪の違いについてお話しました。簡単におさらいすると、急に高熱(38度以上)が出て、全身の関節痛・頭痛・鼻水・咳などの全身症状が起こるのが典型的な症状です。風邪に比べて症状が強く、合併症もおこしやすいことから、注意する必要がある、ということでしたね。

 ただ、その予防については、一般的な風邪とほぼ同じと考えていただいて結構です。

 次の5つのポイントに注意しましょう。

  1. 手洗い・うがいをしっかり行う
  2. 外出時はマスクをする
  3. できるだけ人混みを避ける
  4. 発熱者と同じ閉鎖空間にいない
  5. ワクチン接種(予防接種)を検討する

インフルエンザは、感染している人のくしゃみや咳で出る唾液を吸い込んだり、ドアノブなどを介して手に付着したウイルスが手や鼻などの粘膜に触れたりすることで感染します。

 また、空気が乾燥すると、のどの粘膜のバリア機能が低下し、インフルエンザや風邪にかかりやすくなってしまいます。なお、潜伏期間は3日前後です。(※潜伏期間:ウイルスに感染してから症状が出るまでの期間)

 流行期にはマスクを着用し、こまめに手洗いやうがいを行いましょう。加湿器を使い、適度な湿度を保つことも有効です。

 顔などをよく触るくせのある方は、ウイルスの付着した手で顔に触れないよう、周囲にくせを注意してもらう、手洗いをこまめに行うなどの配慮が必要です。

インフルエンザ予防 - 5つのポイント

そもそも予防接種って必要?受けたのにかかってしまう人もいると聞くけれど、本当?

 予防接種の要否については、医師の間でも意見が分かれるところではあります。

 また、今年は、インフルエンザワクチンの接種費用値上げの動きが広がっているというニュースを目にされた方もいらっしゃるかと思います。

 値上げの理由は、ワクチンが対応するウイルスの種類が、今冬は、3種類から4種類に増えて、製造販売会社からの販売価格が上がったことだそうですが、こうなると、予防接種を受けるべきかどうか、なおさら迷いますよね。

「予防接種を受けたのに、インフルエンザにかかってしまった」・・・残念ながらこれはあり得る話です。予防接種を受けても感染を100%防ぐことはできません。乳幼児や高齢者はワクチンの抗体ができにくいうえ、ウイルスも毎年少しずつ変異します。そのため、予防接種を受けていても発症することがあります。

 ただ、ワクチンはやはり、感染の危険性を大幅に減らし、感染しても重症化を防ぐことにつながります。

 インフルエンザにかかると、主症状はもちろん、合併症も心配です。ご高齢の方は肺炎を併発するおそれが高く、お子さんは、意識や言動に障害が出るインフルエンザ脳症で、最悪の場合には死に至る可能性もあります。また、妊娠中の方はインフルエンザにかかると重症化しやすく、早産の原因になることもあります。

ワクチンの効果は絶対ではありませんが、一例を挙げると、ワクチンによって、65歳以上の健常な高齢者については、約45%の発病を阻止し、約80%の死亡を阻止する効果があったという報告もあります。

こうした事情を踏まえ、特に、発症した際に重症となる可能性が高い方は、予防接種の要否を主治医にご相談ください。

いつ打つの?接種回数は1回?2回?

 では、予防接種を受ける場合、いつ受けるのが良いのでしょうか。

 例年、12月から3月にかけてインフルエンザが流行します。予防接種の効果は、接種の約2~3週間後から表れ、約3か月後には低下し始めるため、理想的には11月中に接種していただきたいところです。

 接種の回数については、生後6カ月~13歳未満は2回、13歳以上の人は1回が基本です。ただし、基礎疾患(慢性疾患)のある方で、免疫が抑制されている状態にあると考えられる方などは、医師と相談の上、2回接種したほうが良い場合もあります。

 予防接種の予約がなかなかとれない!ということもよくありますので、早めに医師に相談しましょう。

いつ打つの?接種回数は1回?2回?
著者情報
 瀧口 景子
瀧口 景子

看護師

看護師。早稲田大学大学院修了。都内大学病院に勤務後、企業に勤務。看護学生、新人看護職員らを対象とする医療安全講師としても活動中。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ