免疫力アップで風邪をひきにくい体質に!

著者:伴 良美
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免疫力アップで風邪をひきにくい体質に!

免疫力が感染症を予防する

 寒さが増し空気が乾燥する冬になると、流行するのが風邪やインフルエンザなどの感染症。この季節はうがいや手洗いをしっかり行い、マスクをして予防することが大切ですね。でも同じように気をつけていても、風邪にかかってしまう人とかからない人がいます。また、かかっても、すぐに回復する人と、いつまでもつらい症状が長引く人がいます。この違いは何でしょうか。それは主に「免疫力」の差によるものといわれます。今年の冬は免疫力を高めて風邪対策を行っていきましょう。

なぜ、風邪をひいてしまうの?

 風邪の原因の80~90%はウイルスが原因です。中でもインフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスは、急に38~40度の高熱を発症させ、高齢者は肺炎などを引き起こすことも多く、症状が重くなると死にいたるケースもあります。

 気温が低く空気がとても乾燥する冬は、こうしたウイルスが最も活性化する季節。ウイルスは空気中の水分が多いと、チリやホコリと一緒に地面に落ちてしまいますが、乾燥していると長い時間空気中に漂います。さらに、この季節は私たちののどや鼻の粘膜も乾きやすく、活性化したウイルスに対する抵抗力が弱まり感染しやすくなります。冬に風邪が流行するのはこうした原因があると考えられています。

体を守る免疫力 風邪薬はウイルスを退治できな い

「ウイルスに感染しても風邪なら、風邪薬を飲めばいいのでは」と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、病院で処方されたり市販されている風邪薬は、症状をやわらげたり抑えたりするだけのもの。インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬もありますが、それを死滅させる薬は現在のところありません。最終的にウイルスを撃退しているのは自分の体に備わっている免疫力なのです。

免疫力が衰える原因のひとつはストレス

 近年、免疫力が低下していると感じている人は増えており、その原因のひとつにストレスがあげられます。中でも年末年始の忙しい時期はストレスがたまりがち。ストレスは意外にも免疫力の低下をもたらし、近年ストレスと免疫力の関係は科学的にも解明されています。人はストレスを受けると、自律神経のバランスが崩れ、副交感神経が不活発になり、免疫機能の主力部隊となるリンパ球に悪影響を与え、アレルギーなどの病気やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。

免疫力を低下させる低体温と加齢

 近年では生活環境や食生活の変化により、平熱が35度台またはそれ以下の「低体温」の人が増え、自分の平熱より1度下がると免疫力は3割低下するといわれています。気温の低い冬は、ゆっくり入浴する、冷たい飲料を避けて暖かい食事を摂る、靴下を履いて肌着をしっかり身につけるなど、十分に体を温めることを心がけましょう。

 また、加齢も免疫力低下の要因のひとつ。人間は15歳をピークに少しずつ免疫力が落ちてゆきます。高齢者がインフルエンザが原因で肺炎になりやすくなるのも、免疫力低下にも一因があるといわれています。

栄養バランスのよい食生活 ブロッコリーの高い栄養素

 さらに免疫力を高めるためには、さまざまな栄養素をバランスよく摂取することが大切です。中でも、近年フィトケミカルと呼ばれる植物由来の化学成分は、活性酸素を退治し、免疫力を高める効果があるといわれています。

 ファイトケミカルは主に、トマト、人参、ほうれん草、ネギ、ピーマン、かぼちゃ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に豊富に含まれています。中でも、ブロッコリーは風邪予防に役立つビタミンC、皮膚や鼻や口内の粘膜の健康を維持するβ-カロテン、がん抑制作用に期待されるスルフォラファンなど、免疫力を高める栄養素がとても豊富です。

 他にも免疫力低下のサインとしては「疲れやすくなった」「口内炎ができやすい」「肌がカサつく」などが。これらのサインを感じたらいま一度生活を見直し、免疫力を高めてしっかりと病気予防を行ってゆきましょう。

著者情報
伴 良美
伴 良美

北海道新聞、岐阜新聞など全国の地方新聞にて、医療・健康に関する取材記事を掲載。ワインと食の専門誌「ヴィノテーク」では世界のワイナリー取材を行うほか、食と健康に関する記事を寄稿する。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ