腸の健康が免疫力をアップ!腸と免疫力の意外な関係

著者:伴 良美
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腸の健康が免疫力をアップ!腸と免疫力の意外な関係

免疫細胞の6割が腸にある!?

 新年が始まり飲食の機会が多くなる季節。気になるのは、胃腸の健康です。中でも腸には人間の免疫細胞の6割が集中しており、近年、腸の健康は免疫力アップに大きな影響を与えることが解明されています。腸と免疫力の関係を知って、腸内環境を整えていくことは健康長寿にもつながります。

腸は最大の免疫器官

 私たちの体は、胃で食物を消化し、腸でその栄養分を吸収します。腸は食べ物の栄養を吸収する他にも、さまざまな働きをしています。その主なものが「細菌やウイルスなどの病原体の侵入をくい止めること」。腸は体内にありながらも、外界からの病原体の侵入を防ぐ人体最大の免疫器官といえます。さらに、免疫器官である腸内で活躍するのが免疫細胞です。腸には、血液中を流れるリンパ球という免疫細胞の約6割が集まっていて、侵入してくる病原菌や有害菌をすばやく感知して排除しています。

免疫細胞が待機して悪性腫瘍と戦う

 腸に待機している免疫細胞は、24時間働いてくれます。こうしたことから、腸内環境を整えて免疫細胞を活性化することは、便秘の解消だけでなく、私たちの体全体の免疫力を高め病気予防につながります。

 さらに腸内環境を整えて免疫細胞が活性化されると、以下のような効果も期待されます。

  • 免疫力が高まり、風邪やインフルエンザなどの感染症を予防する。
  • 花粉症やアトピー性皮膚炎などの、アレルギー疾患を軽減する。
  • 内臓脂肪をコントロールして、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を予防する。

腸内環境を整え免疫力アップのためには

 では、腸内環境を整えて免疫力を高めるためには具体的にどうすればいいのでしょうか。それは、良い腸内細菌、すなわち「善玉菌」を増やすことです。腸内には乳酸菌をはじめとする善玉菌や、有害菌である悪玉菌が存在しています。悪玉菌の増殖を防ぎ、善玉菌を増やすためには、次のようなことを心がけていきましょう。

ビフィズス菌・乳酸菌を含む発酵食品を摂ろう

 腸内の善玉菌を増やすには、ビィフィズス菌や乳酸菌などを含むヨーグルトやチーズ、さらに、納豆や味噌や麹などの日本古来の発酵食品を毎日の食生活に取り入れることが大切です。中でも乳酸菌にはさまざまな種類があり、最近では同じヨーグルトでも、LG21乳酸菌、R‒1乳酸菌、プラズマ乳酸菌、ガゼリ菌SP株など、各乳酸菌の特性を生かした製品が発売されています。各特徴をつかんで、自分にあった乳酸菌を選んでみましょう。

食物繊維を豊富に摂ろう

 食物繊維は、腸を通るときに腸の壁を刺激して、免疫機能を上げたり、生活習慣病を予防したりする働きをします。そのため日頃から、食物繊維が豊富に含まれている野菜や食品をたくさん摂ることが大切です。ブロッコリーやキャベツ、イモ類、大根やごぼうやレンコンなどの根菜類、椎茸やしめじなどのキノコ類、豆類、海藻類、雑穀、果物などをバランスよく摂取しましょう。

添加物の多量な摂取&偏食をやめよう

 腸内環境を整えるためには、偏食を改めバランスのよい食生活を行うことが大切です。腸内環境を悪化させる悪玉菌は、タンパク質や脂質が大好きなので、肉食に偏ったりトランス脂肪酸が多い食生活をしていると、悪玉菌が増殖し免疫力が低下し病気に侵されやすくなります。特に近年日本人は、食生活の変化により、添加物の多量摂取、高脂肪・低繊維の食事が問題となっています。善玉菌を増やし腸内環境を整えるためには、食物繊維、ビタミン、ミネラルを毎日バランスよく摂り入れる食生活を心がけましょう。

著者情報
伴 良美
伴 良美

北海道新聞、岐阜新聞など全国の地方新聞にて、医療・健康に関する取材記事を掲載。ワインと食の専門誌「ヴィノテーク」では世界のワイナリー取材を行うほか、食と健康に関する記事を寄稿する。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ