“不良長寿”のススメ―真面目は寿命を縮める?不真面目くらいがちょうどいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
“不良長寿”のススメ―真面目は寿命を縮める?不真面目くらいがちょうどいい

 皆さんこんにちは。順天堂大学医学部免疫学特任教授の奥村です。

 私は免疫学が専門ですが、皆さんは「免疫」という言葉にどのような印象をお持ちでしょうか。簡単に言うと、免疫とは、自分(自己)と自分以外(非自己)を見分け、自分以外を排除しようとする体の働きです。こう言うとちょっと難しいですね。では、免疫について、分かりやすくお話ししていきましょう。

インフルエンザにかかる人・かからない人がいるのはなぜ?

 さきほど、免疫とは、自分(自己)と自分以外(非自己)を見分け、自分以外を排除しようとする体の働きだとお話ししました。たとえば、毎年寒い季節になるとインフルエンザが流行しますが、原因となるインフルエンザウイルスは非自己ですから、免疫システムは、このウイルスを排除しようと頑張るわけですね。免疫力が強い人はウイルスを排除できますが、なんらかの原因で免疫力が低下している人は、ウイルスの増殖を抑えられず、高熱や関節痛などのつらい症状が出てきてしまいます。

 また、免疫には、インフルエンザのような感染症に対抗するだけでなく、体内でできるがん細胞の芽を摘み取るといった働きもあります。

健康であるための第一条件は、免疫力を高めることなのです。

インフルエンザにかかる人・かからない人がいるのはなぜ?

なんでも真面目が一番?

― いえいえ、免疫力アップには、不真面目が大切です。

 では、免疫を高めるにはどうすれば良いのでしょうか。

日本人は真面目でストイックな人が多いことで知られていますね。その真面目さには敬意を示しますが、私が長年、研究を重ねてたどり着いた結論は、「ちょっと不真面目に生きたほうが、免疫力も上がり、健康で長生きできる」ということです。こう言うと、皆さんとても驚かれます。

実は、世の中にあふれている健康法や健康常識は、私たちの体調にそれほど良い影響を与えないばかりか、逆に不調の原因にもなりうるものが多いのです。

あれもこれもと健康法に手を出したり、ストイックに健康管理をしたりするのではなく、「適度にいい加減」な性格で過ごすことが健康な体をつくります。

次回から、真面目はどうして良くないのか、どうすれば免疫力を高めていけるのかをお話ししていきます。

著者情報
奥村 康(おくむら こう)先生
奥村 康(おくむら こう)先生

順天堂大学医学部特任教授

1942年生まれ。千葉大学医学部卒、同大学院医学研究科修了。スタンフォード大学医学部留学、東京大学医学部講師、順天堂大学医学部免疫講座教授、順天堂大学医学部長を経て、現在は同大学医学部特任教授(免疫学講座)・アトピー疾患研究センター長。ベルツ賞、高松宮賞、日本医師会医学賞などを受賞。サプレッサーT細胞の発見者。臓器移植後の拒絶反応を抑える新手法を開発するなど、免疫学の国際的権威。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ