身近にある食材で、簡単に作れる「黒胡麻薬膳レシピ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
身近にある食材で、簡単に作れる「黒胡麻薬膳レシピ」

 普段何気なく食べていた食材が、実は栄養価に優れているかもしれません。

 健康意識の高まり、テレビや書籍は頻繁に薬膳を特集するようになりました。

薬に頼らず食事を見直し、病気を予防しようとする考えは薬膳の基となる考えです。

食生活に取り入れてみたいとは思うが、家庭で出来るか不安・・・という方が多いかもしれません。

しかし、一般家庭で使っている、黒ごまも薬膳の一つとされています。身近な食材だったら出来そうですよね。

そこで今回は、黒胡麻を使った簡単薬膳レシピを紹介します!

【簡単】きのこの黒胡麻味噌炒め

■材料(1人前)

  • えのき・・・1/3パック
  • しいたけ・・・2個
  • 茄子・・・1個
  • ピーマン・・・1/2個
  • 豚肉・・・50g
  • 鷹の爪・・・1本 ※辛いのが苦手な場合は、タネを取る。
  • 生姜・・・1かけ
  • にんにく・・・1かけ
  • ごま油・・・大さじ1

A:水・・・100ml

A:醤油・・・小さじ2

A:味噌・・・小さじ2

A:酒・・・小さじ2

A:豆板醤・・・小さじ1/2

A:黒胡麻・・・大さじ2

\下準備/

■材料を切る

  • 茄子とピーマン、しいたけは食べやすいサイズに乱切り。
  • えのきと豚肉は一口サイズにカット。
  • 生姜とにんにくはみじん切り。

【作り方】

(1)フライパンにごま油をひき、弱火でにんにくと生姜を炒める。

(2)(1)に豚肉を入れて炒める。豚肉に火が通ったら、野菜と鷹の爪を入れてよく炒める。

(3)(2)にAを入れ、水分が飛ぶまで炒める。

約20分以内で完成する、簡単薬膳おかずレシピです。

きのこの黒胡麻味噌炒め

 黒胡麻は薬膳の考えでは、肝臓と腎臓を養うとされてます。

栄養学的な見解も、黒胡麻にはセサミンという栄養素が含まれているので、肝臓を守り、機能性を高めることが期待されてます。また、抗酸化力を高めてくれるビタミンEはほうれん草の約10倍、骨の形成をサポートするカルシウムは牛乳の約11倍含まれています。

 多くの栄養素を含みますが、脂質も高いので食べ過ぎには注意が必要です。

薬膳の中では、食卓になじみがある黒胡麻。日々の料理にバランスをみながら、取り入れてはいかがでしょうか。

著者情報
江田 淳哉
江田 淳哉

管理栄養士/料理研究家

管理栄養士取得後、株式会社スマイルズ入社。SoupStockTokyo本部で、商品の物流・購買などの仕事を行い、2013年に料理研究家として独立。 家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを日々研究中。ブログとインスタグラムを日々更新中。
ブログ:http://ameblo.jp/bluepunch/
インスタグラム:http://instagram.com/edajun

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ