冬が旬!ねぎの知られざる栄養価を、管理栄養士が解説!

著者:江田 淳哉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冬が旬!ねぎの知られざる栄養価を、管理栄養士が解説!

 夏は薬味に、冬は鍋にと一年中日本の食卓を支えている、ねぎ。

 実は、寒い中で育った方が美味しさが増す為、11月~2月の時期が一番美味しく食べられます。料理の引き立て役として、色々な料理に馴染む事が出来るねぎですが、 栄養価でも優秀です!普段何気なく食べているねぎの秘密を管理栄養士が解説します。

風邪予防に効果的な”ねぎ”!

 ねぎの栄養素で特徴的なのが、硫化アリルです。

 硫化アリルは、血行を良くして体を温める効果が期待出来ます。

 また、殺菌・抗菌作用にも期待出来る為、薬味として昔から刻みねぎをのせて食べる事が多いです。疲労回復効果が期待される、ビタミンB1と一緒に摂取すると、ビタミンの吸収力が更に上がります。体を温めてくれ、疲労回復効果を与えてくれるねぎは、風邪予防に優れているのです。硫化アリルは水溶性の為水分に溶け出します。ビタミンB1が豊富な豚肉と一緒に鍋やスープで食べるといいですね。

風邪予防に効果的な”ねぎ”!

青い部分も栄養が豊富!

 いかがでしょうか?風邪予防に最適なねぎの事が少し分かりましたでしょうか。

 予防もそうですが、風邪を引いた時も、ねぎは栄養に優れていますね。

 また、ついつい捨てがちなねぎの青い部分ですが、ここにもカロテン、ビタミンK、カルシウムなどの栄養素が含まれています。捨てるなんてもったいないので、刻んだり、煮込んだりしてねぎ1本丸ごと食べてくださいね。

著者情報
江田 淳哉
江田 淳哉

管理栄養士/料理研究家

管理栄養士取得後、株式会社スマイルズ入社。SoupStockTokyo本部で、商品の物流・購買などの仕事を行い、2013年に料理研究家として独立。 家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを日々研究中。ブログとインスタグラムを日々更新中。
ブログ:http://ameblo.jp/bluepunch/
インスタグラム:http://instagram.com/edajun

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ