意外?!出汁だけじゃない!昆布で作る、薬膳レシピ紹介

著者:江田 淳哉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
意外?!出汁だけじゃない!昆布で作る、薬膳レシピ紹介

 出汁というと鰹節に昆布、煮干しと食材が浮かんできますよね。

 実は、出汁で使っている『昆布』が今薬膳食材として注目を集めているんです!

ご存じでしたか?

昆布の薬膳ポイント

 昆布の薬膳的な効能として、体内にこもった熱を冷まし、水分を体外へと排出をする為、むくみ予防が期待出来ます。

 知らずと和食で使っている”昆布”ですが、是非、日々の食生活の中でも、意識をして食べて頂ければと思います。

 そこで今回は、昆布を使った簡単薬膳レシピを紹介します!

■材料(1人前)

  • パスタ(乾麺)80g
  • 紀州梅干し 1個
  • 枝豆 10粒

A:昆布茶 小さじ1/2

A:白だし 小さじ1

A:麺つゆ(3倍濃縮) 小さじ2

  • とろろ昆布 適量
  • 出汁昆布(目安:5cm×3cm)1枚
  • 塩 適量

■下準備

  • 梅干しは種を取り除き、みじん切りにする。
  • 枝豆は豆を取り出しておく。

■作り方

(1)パスタ麺が入る大きさのフライパンに、水を入れ沸騰させる。

沸騰したら、塩小さじ2と出汁昆布を入れパスタ袋に記載されている規定時間茹る。

(2)ボールに梅干し、枝豆、A混ぜ合わせ、(1)のパスタが茹あがったら、麺と一緒に混ぜ合わす。※出汁昆布も、細かく刻み一緒に入れて混ぜる。

(3)お皿に盛り付け、とろろ昆布をトッピングしたら完成。

まとめ

医療費が年々上がっている日本にとって、近い未来は食生活を見直し、病気を作らない身体を作ることが大切になります。

薬に頼らず食事を見直し、病気を予防しようとする考えは薬膳の基本の考えです。

薬膳とはよく耳にするけれど、家庭で調理することを考えると、ハードルが高い・・・と懸念されてしまいそうですが普段何気なく食べていた食材が、こうやって薬膳としての力があるかもしれないと思うと薬膳への興味が湧いてきますよね!

これからも薬膳を使ったレシピをご紹介していきますので 楽しみにしていてくださいね。

著者情報
江田 淳哉
江田 淳哉

管理栄養士/料理研究家

管理栄養士取得後、株式会社スマイルズ入社。SoupStockTokyo本部で、商品の物流・購買などの仕事を行い、2013年に料理研究家として独立。 家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを日々研究中。ブログとインスタグラムを日々更新中。
ブログ:http://ameblo.jp/bluepunch/
インスタグラム:http://instagram.com/edajun

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ