押さえておきたい三種のお節

著者:片山 尚美
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
押さえておきたい三種のお節

 みなさん、こんにちは。薬剤師で薬膳アドバイザーをしている片山です。

みなさんの健康を「食」からサポートするため、「薬膳」についてコラムを書かせていただいております。

 薬膳の基本は、「季節の食材を楽しむこと」です。

一緒に季節を感じながら、薬膳を楽しく実践していきましょう!

いよいよ、新しい年の始まりですね。空気もすっきりと冷たく、頭も冴えるこの時期。新しい年の迎え方を、今回は薬膳を通じてお話しできればと思います。

「お正月といえば、おせちです。」

―健康を願い、年の初めに口に入れるもの―

さて、そんな日本人にとって大切な儀式のような“お節”には、様々な謂れがありますよね。

みなさんも、どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

昨今では、お重に詰められた豪華なお節も販売されていますが、その中でも・・・・これだけは食べておきたい!

冬の薬膳に通ずるお節を、ご紹介したいと思います。

お節には、冬にぴったりのパワーフード満載♪

押さえておきたい三種のお節

(1)海老

―背中が丸くなるまで長生きできますように。

海老の薬膳の作用は「温」「腎」。冬にがんばる「腎」を補い、かつ、身体を温める、冬にぴったりの食材です。

(2)黒豆

―今年もまめまめしく働けますように。

黒豆の薬膳の作用も「温」「腎」。「腎」は下半身を司る臓腑ですので、腎を強くすることは足腰を強くすることに繋がり、また、アンチエイジングにも通じるものがあります。他にも血を補ってくれますので、女性のみなさんにも積極的に摂って頂きたい、オススメお節です!

(3)昆布

―よろこぶ―今年もたくさんの福が訪れますように。

昆布の薬膳の作用は「寒」「腎」。昆布には熱を取る作用がありますが、加熱することで、冷ます作用は弱まります。昆布のお煮しめは、理に適っているという訳です。

決して高価なお節でなくてもいいと思うのです。

ご家族で一緒に食べることも、心の薬膳と言えるのではないでしょうか。

どうぞ、皆さんにとって素晴らしい2016年になりますように。

著者情報
片山 尚美
片山 尚美

薬膳アドバイザー

千葉大大学院修了後、薬剤師として病院内薬局、ドラッグストアに5年勤務後、予防医学の実現のために東洋医学を学ぶ。そこで「薬膳」の魅力を知り、人々の「健康と幸せ」を予防医学で実現するため薬膳アドバイザーとして全国で講演会やレストラン、福祉施設などで薬膳の魅力を伝えている。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ